36歳の自毛植毛の体験談(生え際・前頭部)AGA治療

自毛植毛を実際にやってみた体験談・植毛費用・植毛のメリットデメリットについて掲載します。

ザガーロ(デュタステリド)

AGA治療薬ザガーロ0.5mgの服用を再開!プロペシアよりも良い薬です!(デュタステリド)

投稿日:2019年8月18日 更新日:

AGA治療薬ザガーロ0.5mgの服用を再開!

本日、約1年ぶりに「ザガーロ」0.5mgを、処方してもらいに行ってきました。

ザガーロカプセル 0.5mg 再度飲む

以前も飲んでいたAGA治療薬なのですが、

前は、あまり効果がないと諦めモードになって服用を辞めてしまいましたが、

今回は、「自毛植毛」の施術を受けることを決意しましたので、

せっかく「自毛植毛」をするのだから、

植毛した部分は、ほぼ確実にしっかり生えてくるので、問題ないとして
(そう思いたい!)

問題は、その他の部分の髪の毛ですよね!

実際、年齢を重ねるごとに、AGAは進行していくと思われるので、

せっかく自毛植毛しても、今ある部分の髪の毛がどんどん減っていっては意味がない!

と思ったので、結構コストはかかりますが、

「電気代」や「水道代」みたいなものだと思うようにして、

「毎月支払わなくてはいけないお金」

に組み込んでしまおう!という考えで、ザガーロの服用再開も決意しました!

 

ザガーロの価格

プロペシアよりも、良い薬と言われているザガーロですが、

価格についても、やはりプロペシアよりも高額となっております。

僕のいきつけの病院だと、プロペシアの価格が、約8000円(税別)なのに対して、

ザガーロは、約9000円(税別)です。

たしかに、プロペシアよりもザガーロの方が高額となっておりますが、

正直、そこまで価格差はないのかなと思います。

この価格差で、より効果が高いAGA治療薬を服用できるのなら、

絶対に「プロペシア」よりも「ザガーロ」を処方してもらい、服用するべきだと僕は思います。

毎月の食費を、ダイエットだと思って節約すれば、これくらいの価格は全然置き換えることが出来るはずですからね!w

 

ザガーロの効果について

一番肝心なザガーロの効果についてですが、

ザガーロは、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として、一般的によく知られている「プロペシア(フィナステリド)」というAGA治療薬の進化バージョンみたいなものです。

少し詳しく説明すると、「プロペシア」がAGAの原因とされる、「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害することができるAGA治療薬なのに対して、

「ザガーロ(デュタステリド)」は、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の5α還元酵素を阻害することができるため、「プロペシア(フィナステリド)」よりも優れたAGA治療薬ということになります。

簡単に説明すると、AGAの原因であるウイルスのようなものが、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類存在します。

この、「Ⅱ型」のみを防いでくれるのが、「プロペシア(フィナステリド)」です。

これに対して、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の両方を防いでくれるのが、「ザガーロ(デュタステリド)」です。

そして、自分のAGAが進行していく原因が、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」のどちらなのかは不明です。

「プロペシア(フィナステリド)」を服用していて、AGAの進行が止まるようでしたら、「Ⅱ型」が原因だったと言えるでしょうが、

もしプロペシアを服用していても、AGAの進行が止まらなければ、「Ⅰ型」が原因だったということになります。

いや、ひょっとしたら、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の療法が原因だったのかもしれないので、

結局、「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の両方を防いでくれる「ザガーロ(デュタステリド)」を服用するしか

スポンサーリンク

事実上、「選択肢はない」と思っておりますw

だってそうでしょ?

プロペシアよりも高額とはいっても、1000円ほどしか変わらないのであれば、

絶対に「ザガーロ(デュタステリド)」を服用する方がいいに決まってる!

こういう経緯から、僕は今日から、再度「ザガーロ(デュタステリド)」を服用することにしました。

 

「ザガーロ(デュタステリド)」の副作用について

もちろん、これだけ便利で有能なAGA治療薬なのですから、

副作用もあります。

一般的に言われている「ザガーロ(デュタステリド)」の、主な副作用は以下のような感じです。


「勃起不全」

「性欲減退」

「射精障害」

 

上記のような症状が出る可能性があるAGA治療薬となります。

しかし、実際に1年間服用していた時の印象としては、

あくまで僕の場合となりますが、

上記のような症状は、あまり感じられませんでした。

この中で唯一、「性欲減退」は少しあったかもしれません。

しかし、この副作用は、僕には特に困るようなことではありませんでしたねw

もともと、そんなに性欲がないタイプなので(^▽^;)

あと、この他の副作用の中に

 

「女性化乳房」

「乳頭痛」

「乳房痛」

「乳房不快感」

 

といったような副作用が出る場合も、ごくまれにですが、あるようです。

つまり、男性なのに「おっぱいが出てきたり」、「おっぱいが痛くなる」

というような症状に見舞われることがあるようです。

「男性の女性化」ということですね。

ザガーロは、プロペシアよりも効果が高いAGA治療薬ということですので、

プロペシアよりも副作用が起こりやすくなるのは当然のことだと思います。

しかし、男性が女性化する可能性は、かなり低いらしく、必要以上に気にすることはないとのことです。

でも、服用の用量を守らずに、1日に大量に飲んだりしていたら、副作用の確率は上がってしまうかもしれませんので、

服用には十分に注意することを忘れないようにしなければなりませんね。

といっても、勿体無くて、絶対に必要以上になんか飲みませんけど!w

 

まぁ、どんな薬にも副作用はあるものだから、この程度の副作用であれば、

僕的には、全く問題なし!

と思ってます!

たとえ女性化してしまったとしても、髪の毛が生えるなら問題なし!w

髪がないことに比べたら、全然対したことではない!

 

ザガーロについて、色々と書かせてもらいましたが、

ともかく、今日からザガーロ(デュタステリド)を再開することになりました!

今度は、1年で辞めたりせずに、一生付き合っていくぜ!という気持ちですw

他の同年代の同級生とかと差をつけたい!

そんな思いで、飲む続けていきたいと思います!

では、また今度は自毛植毛の施術後に更新したいと思います!

(自毛植毛についての記事はこちらから)

スポンサーリンク

-ザガーロ(デュタステリド)
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした

スポンサーリンク